手持ちの古い硬貨が古銭買取で思わぬ高額査定に

古銭や切手は、非常に沢山の種類があり、また年代や保存状態等によって大きく価値が変わってくるのが普通です。自分ではあまり価値がないと思って、押し入れの中にしまい込んでいた古いコインが、古銭買取に出してみたところ思っていた以上に高額で買い取ってもらえたというような話は、そう珍しいことではありません。素人判断で価値を判断することなく、自分が持っている古銭や切手等がいったいどれほどの価値があるのか、一度、古銭買取店に持ち込んでプロの査定を受けてみると良いでしょう。とはいえプロに何もかもまかせっきりにすることなく、ある程度は自分自身で知識を持っておくことも重要です。例えば、大判・小判であれば、保存状態にもよりますが、まず間違いなくそれなりの高額で買い取ってもらえます。逆に戦時中に発行された5銭硬貨は、古銭としてはよく見かけるものなのですが、実は大量に現存しているために、一見高く売れそうに見えても、ほとんど価値はゼロに等しいものだったりします。